ショック!背中のシミは洋服を着ていても出来る

赤ちゃんでも男性でも、日焼け止めに気を遣う時代。女性ならなおのことで、忍者のような姿で紫外線を避けて行動している人もいます。

 

ただ、背中の日焼けについては無防備になっている人も多いのです。あるときふと鏡で背中を見たら、黒い影がクッキリなんて事実にショックを受ける人も増えています。ここでは、洋服を着ていても危険な背中のシミについてお話します。

 

背中の無防備さ

 

春夏の紫外線の多い季節になってくると、スッキリと涼し気な白い色のトップを着る人が多くなってきます。他人から見ても爽やかで好印象ですが、白は紫外線を通してしまうことをご存じでしょうか。だからといって、黒ずくめのファッションをするのは暑苦しいもの。

 

見た目の問題だけでなく、黒は赤外線を吸収してしまうので熱がこもりやすいのです。そうはいっても、背中までまんべんなく日焼け止めを塗るのは難しいでしょう。そこで、アフターケアを中心に背中のスキンケアをするのがシミを防ぐ方法として効果的となってきます。

 

背中の日焼けアフターケア

 

顔だけでなく背中も日焼けしやすい部位の一つとわかったら、どうにか背中のシミを防ぎたいものです。黒のカーディガンを羽織ったり、リュックを背負うなどのテクニックもありますが、肝心なのはアフターケアをするかしないか。

 

背中のスキンケア、入念に行っていますか?もともとスキンケアをする必要があまりないと思われがちな背中は、荒地状態になっている可能性があります。

 

特に気を付けたいのが、乾燥です。乾燥は、あらゆる肌トラブルの元ともいわれることから保湿には気を遣いたいところ。自宅での背中ケアでも保湿を欠かさず、本格的にシミケアをしたいと思ったら背中エステを利用することも検討してみてはいかがでしょうか。