背中ニキビも背中のシミも解消するのに必須のポイント3つ

背中ニキビと背中のシミでは、全く異なる肌トラブルのようで、共通点もあります。例えば、背中ニキビ跡になってしまったら、それはもうシミだというのも共通点の一つ。スキンケアするにあたっても共通するポイントがあるため、大事な3つのポイントを紹介します。

 

何はなくとも保湿

 

肌は、乾燥が一番嫌いです。潤った肌はバリア機能が優れているため、多少の困難にもめげません。うるうるの肌の人に、シミやニキビが少ないのもそのためです。

 

もともと乾燥肌の人はもちろん、うっかりすると全くスキンケアなしで放置してしまいがちな背中にも、水分を与えてあげましょう。

 

ただ、背中の保湿はなかなかまんべんなくとはいきにくいため、スプレーでローションを噴射したり、ときには背中エステで背中にごほうびをあげるのもおすすめです。

 

栄養補給

 

栄養補給といっても、食事からの栄養ではなく肌に直接送る栄養補給です。食事からの栄養でインナービューティーを心がけることも重要ですが、外側からの栄養吸収も効果的。

 

特に、背中ニキビやシミには、ビタミンCがおすすめです。ビタミンCが配合された化粧品は市販のものでもたくさんありますが、問題は背中にどう塗布するか。

 

スプレー式が便利ですが、浸透力は吹きかけるだけでは弱いため、背中エステでビタミンCのイオン導入などをするとより効果的です。

 

洗い方に注意

 

どんな人でも、背中を全く洗わないという人はいないでしょう。背中ニキビやシミを解消するためには、刺激を少なくすることが大切。

 

洗浄するときにも、ボディタオルなどで強くこすってしまうと危険です。スポンジや海綿など柔らかい素材でやさしく洗ったり、低刺激の石鹸を泡立ててそのまま包むように洗うのがおすすめです。